カードローン

任意返済はしてる?カードローンを素早く返すメリットを知っておこう

余裕が出来たらしておきたい事

カードローンとはお金を借りる事です。借りたお金は返すのが義務であり、カードローンを作る時にそれは了承している事ですよね。当然の事ではあるのですがカードローンは一度作れれば自由に借り入れが行える為、極まれに自分のお金と勘違いして使い込む方もいらっしゃるのです。

その為借り入れは出来るだけ必要な経費が足らない時のみに上手く限るようにして、尚且つ素早く返済していく事がカードローンとの賢い付き合い方です。

そして素早く返済するためにはしておきたい事があります。それは余裕があれば多めに返済をする事…つまりは任意返済と呼ばれるものです。

任意返済を随時行うべき理由

任意返済というのは「月に決められた金額に加えて別途お金を返済する事」を指します。これはカードローンによく採用されているリボルビング払い形式にとられる方法で、これを行う事でより早く返済をする事が可能なのです。

任意返済を行う事で得られるメリットはたくさんあります。その最たるが金利が少なくて済む事です。通常の返済は言わば分割手数料として金利が発生している事と同義で、それは分割の度に発生していると考えて良いでしょう。その分割回数を結果的に減らせるという事は、金利も安く済むのがよく分かりますね。

完済が早く終わるという事は少なからず信用獲得にも繋がります。信用というのはカードローンを使っていく上で、同じカードを使う時でも新たに別のカードの審査を受ける時も、双方においてより良い条件で借りられる手助けになってくれるでしょう。
(⇒返済実績はカードローンを有利にする

しかし一つだけ注意したい事があります。それは「支払日とは別途に返済しても、月に決められた金額は払わないといけない」という点です。ゆえに「先に多めに払ったら返済日に足りなくなった!」となれば遅延扱いになってしまうので、せっかくの順調な支払いが台無しになります。どんな場合でも最優先に守るのは月々の返済分だと理解し、収入などの計算を怠らないようにしましょう。

返済は早く終わるに越した事は無い

返済を早く終わらせるという事は金銭面でのメリットだけでなく、何よりも借りていたお金を返しきるという安堵が早く訪れるという点も重要です。お金を借りるという事には少なからず負担に思ってしまう部分はあるでしょう。素早く返済し、また困った時に借りられる余裕をもってきましょう。

返済プランは月々の返済だけでなく、時には任意返済分も踏まえた視野を持つ事も大切です。借り入れも返済もスピーディに行い、便利なカードローンをいつでも利用できる状態にしておきたいですね。

違いを見分けよう!カードローンの返済方法三種類を学ぶ!

返済方法は多種多様

カードローンでお金を借り入れたら返済も同時にスタートするのですが、皆さんはどの返済方法を使っていますか?毎月ちゃんと払う事が求められるのですから、自分に合った返済方法を見つけたいですよね。
(⇒毎月の返済期日は確実に守る!

返済方法なんて返せれば同じと思っていませんか?確かに過程はどうあれちゃんと返してもらえればローン会社は文句を言いませんが、自分がお得かどうかは別問題であり、金利といった手数料を払っている以上、少しでも節約して返したいのは当然の心理のはずです。

会社毎に違いはありますが、恐らくほとんどの会社で使われている支払い方式を三つに絞って解説いたします。自分にとって使いやすくお得な物を選ぶ参考にしてみて下さい。

主な支払い方法について知る

まずは私としても一番のおすすめが銀行口座からの引き落としとなります。ローン会社側でも推奨されている事もあり、これを使っている方も多いのではないでしょうか。
(⇒カードローンで口座引き落としが勧められるわけとは

口座引き落としの最大の利点は収入や他の引き落としをまとめて一か所に管理できる事です。給与の振込先と引き落とし先を兼ねていると余計なお金の移動が減る為、手間が少なくて大変便利です。場合によっては返済用口座を作るという事も可能ですので、一番に検討してもらいたい方法です。
(⇒返済用口座開設のススメ

次に銀行振り込みですが、これはあまりオススメできません。というのも振込の際に手数料が発生する事が多く、当然手数料はこちらの負担になってしまう為、返済時に振込手数料分だけ他の支払い方法に比べて損をしている事になります。ネットバンクを使えば家に居ながら返済が可能ですが、振り込み忘れや営業時間の兼ね合いも考えれば、事情が無い限り選ばない方が無難と言わざるを得ません。

最後にATMからの返済です。これは銀行振り込みに似ていますが、こちらのATMはコンビニなどに設置されているものや各銀行に備えられた、返済専用の機器を指します。こちらの利点は手数料が発生しない事が多く、コンビニATMに対応していれば実質上24時間返済が可能となっている事です。ATMに向かう手間こそありますが、24時間対応なら自分の都合で返済もできるし、さらに手数料も取られない事が多いので、口座引き落としの次にオススメしたい方法です。特に任意返済を行うなら、こちらを利用の推奨いたします。
(⇒カードローンで任意返済を積極的に行いたい理由

時には使い分けも考える

簡単にオススメ順で並べるなら口座引き落とし、専用ATM、銀行振り込みの順になりますが、何も一つだけ使わないといけないというわけではありません。余ったお金を返済したいなら随時返済に優れたATMを利用しつつ、月々の分は引き落としにする…といった方法も検討するようにしておきましょう。

また、返済方法は途中で変更する事も出来ます。その場合には出来れば窓口で担当の方と相談し、無理の無い返済計画を一緒に考えてもらいましょう。

事前に決めたい返済計画!シュミレーションで楽々組み立ててみよう!

事前に決めておきたい事

カードローンはお金を借り入れるという事です。そうなると当然返済の義務が発生し、特に返済日を守る事は重要であり、給料日などを鑑みた日取りを十分考慮しなくてはなりません。

返済日もそうですが金利やリボルビング払いなら最低返済金額、それに伴う返済ペースなど、カードローンを使用するならかなりの考えるべき事があります。ですが申し込んでみないと審査の可否が分からないように、実際の借り入れをしてみないと具体的に分からないという事は多いですよね。
(⇒申し込みの前に一括審査をしてみる

シュミレーションで分かる事

そこで利用してもらいたいサービスが借り入れシュミレーションです。借りる前にしっかりと返済プランを立てたい、収入が安定しにくい仕事だから最低返済金額から額を調整したい…そんな方にはぴったりのサービスです。

内容に関しては説明にならないようで申し訳ないですが、一言で言うなら借り入れのシュミレーションそのものです。事前事後問わず使用できる物で、インターネットが普及した今、web上では個人法人問わず、多くの方がこのツールを公開しています。利用に関しては無料の物がほとんどです。

これの良いところは借り入れ金額を入力すると、そこから最低返済額、借り入れ金額による利子を算出し、そのままならどれくらいの期間で返済でき、どの程度の利子を払うかも分かる代物です。これにより借り入れ金額もそうですが返済金額も事前に検討する事が容易となり、借り過ぎや不足を無くす事に協力してくれる存在と言えます。

やはり扱いやすいものはインターネット上で探すのが定石となりますが、やはりインターネットに馴染の無い方には抵抗があるかもしれません。その場合は電話問い合わせで借り入れと金利を話せば詳細に教えてもらえますので、どうしてもインターネットが扱えないという方は選択肢に入れておくと良いでしょう。

じっくり考えたい時に利用しよう

極端な話で言えば電話で解決する事とも言えますが、電話であれば取次や計算などである程度待つ時間が出来てしまいますし、聞きながらメモを取ったりしても、聞き忘れなどが出来てしまいがちです。

その点シュミレーションならすぐに結果も出ますし、条件を変えての検索にも対応していますので、いつでも使えて好きなだけ調べられるのがポイントです。これを利用しない手はありませんね。

しっかりとした返済プランは会社だけでなく、自分にとっても心の余裕も出てきて非常にメリットが多いのです。ちゃんと利用して安心のカードローンライフを過ごしましょう。

あなたは知ってる?かつての借り入れの質入れのシステムを学ぶ

より古い貸し出し

昔ながらの貸し出しと言えば銀行の証書貸付が有名ですね。これは担保と呼ばれる貸付の際の保険とも言える物で、これを預ける事でお金を借り入れるという方法です。カードローンの多くは無担保ですので、初めて証書貸付などを受ける際に説明を受けると、少々戸惑うかもしれませんね。

証書貸付と言えば銀行が行っていた貸付ですが、それとは別に民間でも似たような貸付方法を行っていた業者がありました。今ではあまり聞きませんが、質屋というお店を皆さんはご存じですか?今となっては本当に少数となりましたが、証書貸付と比べてみて、非常に酷似している点がありました。

証書貸付と良く似た質入れとは

質屋というのは質草と呼ばれる価値がある物…例えば宝石があしらわれたアクセサリーやブランドバッグなどを質屋に預け入れる事により、その質草の品質に見合った金額を借り入れる方法です。当然期日までに借り入れた金額が戻ってこないなら質草は質屋の物となり、質屋の商品として売られるか取扱い業者に明け渡される事になります。

ここまで聞いてもお分かりの通り、銀行の証書貸付にも似た特徴がありますね。質草というのは担保であり、お金を貸し出す質屋はさながら銀行です。かつては質屋というのは町のどこかしこにも存在していました。

強いて言うなら規模が一番の違いでしょうか。銀行の証書貸付は住宅やマイカーと言った高額な買い物に扱われますが、質屋というのは数十万いけば高額で、数万円単位の貸付も珍しくありませんでした。代わりに銀行からの融資などと違い手続きもさして面倒ではありませんでした。そう考えればカードローンの手軽さ&無担保の貸し出しというのが流行ってから質屋は廃れたとも言えますね。

今現在でも質屋はありますが、ほとんどが買い取り形式の中古販売屋に姿を変えています。リサイクルショップの中にはまだ質屋と買い取りの双方の受付を用意している場所もあり、こうした古物商店にまとめられた存在ですね。

質入れよりカードローンを優先しよう

要らなくなった物を売ってお金に変えるならまだしも、大切な物を預けていくらかのお金を借りる…というのは、カードローンのコンセプトに比べて現代に逆行した存在であると言わざるを得ません。質入れを受け付けている場所がまだあるとはいえ、カードローンの方が魅力的な面は多いです。出来れば質入れに頼る前に、カードローンの申し込みをしてみる事を強く推奨いたします。
(⇒カードローンの基本的な魅力

便利な物の前に消えていくというのは、それほど後から出てきた物の方が優れているという証です。質入れを愛用されていた方も、可能な限り早くカードローンに移行しましょう。

嘘は厳禁!カードローン審査で嘘が付けない真実に迫る!

ついてはいけない嘘

嘘も方便…とは言ったもので、大人になると私たちの社会が必要悪とも言える嘘で溢れているのが分かってきます。とはいえそれに絶望する事無く、必要に応じて建前と本音として使い分ける事も時には必要です。

さて、嘘をついていい場面…と言うと身も蓋もないですが、それでもやはり嘘は良くない、嘘を付く事で重大な問題になる場面はあります。特に何か面接や審査といった場面において、嘘というのはその場は凌げたとしても、やがて自分の首を絞める事になりがちです。

カードローンはあなたを信用してお金の融資枠を設ける仕事です。それゆえに嘘は厳禁であり、信用を損なう事は重大な規約違反にも繋がるのです。

カードローンでの嘘はばれるもの

カードローンを作る際、いい条件で作りたいと思うあまり「これくらいは大丈夫だよな」と提出書類などで年収や勤務歴を水増ししたりしようと思う事があるかもしれません。しかしながらそれらは嘘が発覚する可能性が高い、リスクが大きすぎる事なのです。

まず大前提として、カードローンを作る際に必要とされる身分証明証となる物の控えを提出する事が求められます。そうなるとあなたがパーソナルデーターの記載が違えば当然発覚しますし、大きな融資枠が欲しいなら収入証明証の送付も求められる事が多く、これで年収などの記載も確認されます。つまり、あなたに関わる重要な事項であればあるほど、ローン会社はしっかり調べる事になるのです。
(⇒カードローン申し込み時に必要とされる物

さらにデメリットとして大きいのが「この人は嘘をついている」とローン会社に思われる事です。嘘をつくくらいなのだからカードローンを作るのに何かしら不都合な事実があるとは思われますが、それでも本当なら融資をしてくれそうだったところに嘘をついていたと思われると、その融資枠ですら取り上げられてもおかしくありません。それほどカードローン審査について嘘が及ぼす影響は大きく、借り入れる人には誠実さを求められているのがよく分かりますね。

誠実に審査に挑む

嘘をついて限度額などを増やそうとするよりも、今現在の自分が「いったいどれくらいの条件なら狙えるか」という風に、素直に自分の状況を照らし合わせて貸してくれる場所を探すのが建設的です。申し込み前に絞り込むならカードローンの一括審査をしてくれるサイトを利用するなどして、まずは自分にちょうどいい条件でカードローンを初めてみましょう。

どんなローン会社でも嘘をつくくらいなら、不都合な情報でも正直に話してくれる方のほうがまだ検討をしてもらえます。ローンの審査は誠実に向かい合い、後腐れなく利用できるようにしておきましょう。

優先すべきカードローンの申し込み順!その基準と理由を知っておこう

申し込みの順番を考える

カードローンの申し込みは基本的に申し込むだけなら回数に限りはありません。しかし申し込みが信用機関に残る以上、期間で見てみれば回数はある程度絞られていると思った方が良いでしょう。
(⇒カードローンの申し込みの機会は大事にしよう

そうなると次に考えるべきは『まずどこのカードローンを優先して使いたいか』ですね。カードローンを選ぶ際に特定のブランドを優先して選ぶというのも一種の手ではありますが、やはり物を言うのは基本的な条件である金利などですよね。
(⇒カードローンを選ぶ際にまず優先したいポイント

そうなると申し込むべき優先順位は限られてきます。

まずは欲しい銀行系カードローン

やはり私としては最優先で作ってもらいたいのは銀行系のカードローンですね。どうしても確実性を優先したいなら消費者金融系のカードローンもいいですが、よほど問題が無ければ銀行から申し込んだ方が良いでしょう。

まず最初に言ったような基本的な条件…特に金利に関しては非常に優秀です。上限に関しても下限にしても同じで、金利は平均的に消費者金融よりも大幅に低く、やはり昔ながらの金融機関ならではの魅力があります。

そして昔ながらの、と言えるように銀行系カードローンを所持しているという事は、一定以上の信頼があるという事にも繋がります。カードローンの複数所持に関しては少々微妙なラインになってしまいますが、それでも先に持っていたカードローンが銀行系となると信頼の度合いも違います。それを利用しながら返済も滞り無く行っていれば、より信用は確固としたものになるでしょう。

優先順位はいつでも頭の隅に置く

カードローンにおいて優先順位と言えば、返済の順番など様々な面で決めておく事で、借りる場合も返す場合も役に立つ事が分かりますね。とりわけ今回は申し込みに限定してお話しさせていただきましたが、予め優先順位を決めておく癖はどんな場合においても有効であると覚えておきましょう。

ケースバイケースではありますが、申し込みの順番においてはやはり銀行系カードローンが魅力的です。自信があればなおさらオススメと言えるでしょう。

実はとても簡単!?ネットからのカードローン申し込みを試してみた!

新しい申し込みに順応するには

今でも恐らくカードローンの申し込みと言えば、書面による申し込みが大半を占めていると言えます。私の周りでも申し込みとなるとまだまだパンフレットといった申し込み用紙を使う人が多く、私のようにインターネットでの申し込みが多いというのは、周囲では少数派でした。
(⇒紙面だけでないインターネットにも対応した申し込み

仕事でも趣味でもインターネットを多用する私としてはやはりインターネット申し込みの便利さを理解してもらいたく、日々伝えています。なので今回は実際にインターネットを使い、申し込みから発行まで、インターネットがどこまで出来るかを体験談として書きあげます。

インターネットというものがよく分からない…という方でも便利さは伝わるように書きますので、是非生活に取り入れていただければ、と思います。

インターネットを使ってカードローンを申し込んでみた

今回の申し込み実体験としては『インターネットで申し込みは完結するか』という事です。つまりは紙面のお世話になるか否かという点が大事でした。

まず作りたいカードローンの申し込みも可能なサイトに向かいます。基本的にカードローンの申し込みが出来るサイトは残高確認などの操作も可能なので、今後の事も考えてブックマーク登録しておくと後々便利でしょう。

申し込みのページに向かうと専用フォームが出てきます。記入漏れがあれば教えてくれるし、郵便番号からの住所検索なども備えており、キーボードによる文字入力が可能なら、紙面よりも記入は圧倒的に効率的と言えます。内容についても紙面と同等の事を記入すれば大丈夫です。

そして記入が終われば審査が開始されますが、驚くべきはそのスピードです。翌日には仮審査が終わった旨の電話確認が来たので、そこで応対。私が今回申し込んだローン会社はその時点で借り入れ可能となる限度額の予想と、本人確認書類を同じくインターネット経由にて送ってもらいたいという話をしてくれました。こちらの質問に対してももちろん答えてくれるので、ネット申し込みで不安な点があれば全部聞いておくと良さそうですね。
(⇒電話確認の後はいよいよ仕上げ

そしてここでも驚きの点は、スマートフォンがあればより楽になる事です。そのローン会社はスマートフォンの専用アプリを出しており、そのアプリから本人確認書類を撮影した写真を添付して送信できるとの事。早速iPhoneでアプリを使って送りましたが、ほとんど手間はありません。郵送だとさらに時間がかかりますが、ここでもネット&スマホ対応しているというのは非常に便利でした。

そして今また翌日には借り入れ限度額の希望枠と変わったという電話があり、そこで本審査も通過いたしました。さすがにカード発行は翌日とはいきませんでしたが、一週間程度で無事に到着。これにて、インターネットの申し込みは完遂できました。

インターネットで全ての手続きは終えられる

この事から分かるように『インターネットから申し込めば、原則として紙面を使う必要は一切なかった』という事ですね。本人確認書類も写真として送るだけというのは非常に簡単で、わざわざコピーを取る必要がありません。郵送と比べて受理も早いので、当然審査が早くなるのもポイントです。

ネット環境をお持ちの方ならかなり魅力が伝わったと存じ上げます。今から作る方、是非インターネットで楽々快適な申し込みをしてみましょう!

悪いイメージはもう古い?現代の改定されたローンの条件を知る

高金利が蔓延していた前時代

お金の借り入れが一般にまで浸透した理由の一つにカードローンの存在がありますが、それと同じく、ある意味それ以上に重要に関わる事がありました。
(⇒カードローンが普及した理由

それは蔓延していた高金利の存在です。一昔前の金利は経済的な急成長の最中、湯水のように使われていく金銭感覚もあって今となっては法外とも言える金利でも成り立っており、それがバブル崩壊後も続き、それが一般の方からのローン離れを引き起こしていたのです。その時代の名残なのか、今でもお金の借り入れ、そしてカードローンにもマイナスなイメージが根強く残っていると言っていいでしょう。

グレー金利が生み出した弊害

グレー金利という言葉をご存じですか?これは闇金と呼ばれる所謂ブラック金利と違い、かつての上限金利スレスレまで引き上げられた金利の事です。一応法律においては当時はギリギリで合法でもありました。今考えれば、非常に怖い話です。払えるような金額かどうかも今となっては疑問視されています。
(⇒闇金業者にご用心

そしてさらに金融業界で問題視されていたのが、審査の緩さです。これは今となっては審査が厳しい銀行ですらばら撒くようなレベルの審査で貸し出しを行っており、上記のような金利もあって、経済が活発な事は利益を上げていました。
(⇒審査が厳しい銀行カードローンのメリット

しかし経済が不況に傾くにつれてこのばら撒きに対応できない…払えない人が増えてきたのです。これにより状況は一変し、金融業界ですら痛手を被る事になりました。当然の流れとも言える一連の事件ですが、バブル時代というのは人の金銭感覚を大幅に麻痺させていたのです。

そして金融業界にもメスが入りました。金利の大幅な改定に加えて総量規制の制定、どれに伴う審査の厳格化によって、今のローン、そして生活に密着した条件を兼ね備えたカードローンが誕生したと言ってもいいでしょう。
(⇒総量規制のルールとその対策方法

すっかり変わった現代のローン

このように、現代においては過去の反省もあってか、カードローンを始めとした金融業の大幅な見直しが行われています。なので大手各社の条件は法外な物は少なくなり、生活の為に使えるような物となりました
(⇒大手のカードローンを選びたい理由

今でもローンに対して抵抗がある方でも用入りになって頼らざるを得ない事になると思います。そんな時でも思い悩む前に、まずは使いやすくなったカードローンを検討してみましょう。

同時申し込みを控えるべきカードローンの審査基準とは?

同時に申し込む事の意味

カードローンを申し込まれる方には大きく分けて二つの場合があるでしょう。最近多いのは今は用入りじゃないけどいざという時に備えて、という理由が多いですが、やはりカードローンは用入りの方が必要としている物です。借り入れが今すぐ必要という方も中には多いでしょう。

そうなるとカードローンに申し込むのは当然ですが、やはり審査落ちを危惧して対策をしている方もいらっしゃるでしょう。その対策として『同時に複数のカードローン会社に申し込む』という物があります。そうすれば一つが落ちても他が受かれば…と思うかもしれませんが、この方法、若干本末転倒とも言える結果になりやすいのはご存じでしたか?

同時申し込みはデメリットが多い

まず申し込む前に理解していただきたいのは、カードローンの申し込み状況はリアルタイムで記録されているという事です。信用機関に問い合わせてみればすぐに分かる事でしょう。

そして申し込み履歴においても、短期間に様々な場所に落ちては申し込んでいるとなると「お金に困っている」と見なされてしまいます。カードローンを申し込む以上何らかの用入りが発生しているのは事実かもしれませんが、ローン会社側としてはどちらかと言えば金銭的に余裕がある方に多く貸し付けたいので、余裕が無いと判断されるのは審査においてはマイナスでしょう。
(⇒連続して申し込む事の問題

そしてそれは同時申し込みでも同じです。同時に他のローン会社にも申し込んでいるというのはすぐさま向こうにも伝わります。そうなると当然上記のように余裕が無いと思われてしまいますので、最悪通ったとしても用入りの金額には程遠い限度額になる可能性があります。

対策としては審査の可否を見てから再度別の場所に申し込むかどうか決めるべきですが、審査落ちした場合ではそれは少々難しくなってきます。諦められない場合でも申し込みは一か所ずつにしておき、可能であれば期間は開けておきたいところです。

焦るほど条件は悪化していく

とはいえ、急ぎであればそんな悠長な事は言っていられません。その場合は比較的審査の緩めな消費者金融に絞り、さらに即日融資に対応しているカードローンを探すのが手っ取り早いです。それでも審査によりけりですが、限られたチャンスを活かすなら可能性を考慮してみましょう。

同時に申し込むのも短期間で何度も申し込むのもリスクがあります。その点も踏まえて最初から絞り込んでおきたいですね。

財布を整理する信販系カードローン!クレジット機能も付いたその魅力

得難い独自性

銀行カードローンには低金利と信頼性、消費者金融系カードローンにはスピードや豊富で活発なキャンペーンといった、住み分けとも言える特徴が独自性として存在しています。この二つは場合によって使い分けられるように、カードローンの両雄として長らくその知名度を上げてきました。

そしてその間に位置するように存在していた信販系カードローンはご存じでしたか?両社の中間のような性能で、悪い意味でどっちつかずと言われてきましたが、実際はかなりの汎用性を持っているのです。

今回は銀行と消費者金融の間に割って入り、尚且つ選択肢としても選べる信販系カードローンの最大の特賞をお教えいたします。

クレジット一体型のカードローンは信販系のみ

一般的にカードローンとクレジットカードは別物です。双方とも金融機関が発行している事もあって似たようなものと勘違いされがちですが、機能に関しては別物と思った方がいいでしょう。

ですが、そこが信販系カードローンの強みです。信販系カードローンは何と、クレジット機能が付いているカードローンなのです。

クレジットカードにカードローンと聞くとキャッシング機能を想像しますが、キャッシングとは定義により変わると言われています。同一の存在であるにも関わらず、少々ややこしい呼称と言えましょう。
(⇒キャッシング機能とローンの違い

本来であればカードローンとして現金を借り入れるだけなのがもっともな姿なのですが、そこにクレジット機能が付いているという事で、カード単体で買い物が可能となっています。これは本来の用途以外の役割を付加できるという事で、他のカードローンとはまさに一線を画する一枚であり、所持するカードを可能な限り減らしたい場合、その存在は無視できないものとなるでしょう。

クレジットカードとも住み分けられている一枚

ローン枠を設ける事でクレジットカードが信販系カードローンになるとも定義があり、クレジットカード単体とキャッシング付では見られ方も違い、今後の審査にも影響があるとするとクレジットカードとも違いと言ってもいいかもしれませんね。

オールインワンのカードローンは他に例がありません。スマートなカードライフを送りたい方は必見ですよ!

<1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 >