カードローンの返済や金利について

記事一覧

初めてでも金利は抑える!カードローン作りにまつわるアイディア集!

初めから低金利を狙う方に

カードローンについて調べている方にはもはや言うまでも無いかもしれませんが、カードローンにおいて金利というのはまさに中核とも言える存在です。この金利に関しては各社とも借りやすいように引き下げなどの企業努力を行っており、今現在では良い意味で選択肢に悩むようになりました。
(⇒長く使う為にもカードを低金利にしたい理由

しかししかしカードローンには上限金利と下限金利が存在しているし、何より金利を引き下げる為には時として利用実績も求められる為、初めてお作りになる方はどうしてもある程度の妥協も視野に入れた方がいいでしょう。
(⇒利用実績がものを言うカードローンの審査基準

せめてそれなら「可能な限り金利を抑えたカードから持ちたい!」と思うでしょう。そこで金利を可能な限り下げられるカードローンの作り方をまとめましたので、低金利で無理なく始められるカードローンを狙ってみましょう。

出来る範囲で低金利のカードローンを組む

まずは基本的に銀行系のカードローンを作るようにしましょう。銀行系カードローンと消費者金融系のカードローンの平均を見比べればすぐに分かりますが、銀行の方が概ね少ない為、いきなり消費者金融から申し込むのは低金利面ではイマイチオススメしかねます。

しかし、消費者金融は無金利キャンペーンなどを活発に行っているので、それと組み合わせれば最初のうちは十分な金利に持ち込めるでしょう。なので最低限キャンペーンのチェックだけでもしておきたいところです。
(⇒無利息期間を利用してみよう!

そして学生ならば学生カードローン、33歳程度ならヤングローンという、若者を優待してくれるカードローンがあります。どちらも年齢制限がある分、審査が優しく金利もそれにしては控えめとなっています。年齢が噛み合えば是非検討してみましょう。

最初でもある程度金利は下げられる

このように、チャンスを活かせば初めての申し込みでも金利を可能な限り下げる事は可能です。欲を言うなら収入が安定してきてからなら初めての申し込みでも有利になりやすいですが、早く作っておくメリットもあるので一長一短とも言えそうです。

低金利は時間をかけて勝ち取る物ですが、そこに至るまでの金利も下げて、確実な低金利への一歩を進んでいきましょう。

恥ずかしがる必要は無い?カードローンの疑問を窓口で解決するススメ

今のカードローンに無い姿

今現在のカードローンは基本的にプライバシーが非常に重視されています。お金を借りるという事は恥ずかしい事というのが一般的な意見で、そんな微妙な感情にも配慮しているのが今のカードローンの姿と言えます。人目につかない無人機がいい例ですね。
(⇒無人機の仕組みについて

さらには借り入れに必須とも言える本人確認の電話にも配慮がされていたりと、可能な限り人目から離れ、機械でのやり取りで借り入れ返済までサポートできる体制が整えられています。昔からの借り入れ方法である証書貸付のような対面形式は随分と少なくなったと言えるでしょう。
(⇒プライバシーが考慮された電話での在籍確認について

反面、その人とのやり取りが少なくなりすぎた事による問題もあります。無人でも完結できるように配慮はされていますが、やはり人相手の事なら人がやらないといけない部分はあります。それについて少し考えてみましょう。

窓口でしっかりと確実に

カードローンと言えど、完全に無人機からしか借りれないというわけではありません。銀行では貸付の窓口があるように、消費者金融でも無人で無い店舗があります。そしてそれらの存在意義は、ひとえに直接の相談が可能な事が大きなメリットです。

例えば支払い形式がリボルビング払いだとしたら、金利手数料などを計算するのは正直面倒ですし、大体どれくらいで終わるかというのも、自分で計算するとなるとそれなりの知識かツールが欲しいところです。それに先にシュミレーションしてみても、金利といった条件は審査が終わるまで確定しません。
(⇒カードローンのリボルビング払いのメカニズム

そうなるとやはり借り入れ時に窓口相談が出来るとなると、全然違ってきます。借り入れ金額による月々の最低返済額や金利との返済ペース、使い慣れてきたら限度額の引き上げといった事まで相談でき、先の先まで見通した条件を確認する事も容易です。これは無人機相手では出来ない事で、ネット上での操作と違ってラグの無い相談が出来るという事です。
(⇒カードローンの限度額を引き上げるには

時には恥を忍んで

お金の事を人に相談するのは恥ずかしい…とどうしても思ってしまうでしょうが、相手はそもそもお金の貸付を仕事としているのですし、当然ながらこちらを見下げる事なんてありえません。相手も仕事をしていると割り切り、ローンに関する疑問は全て解消していくつもりで臨んで下さい。

カードローンに様々な仕組みが張り巡らされても、やはり中に居るのは人です。時には直接対面し、あなたのカードローン使用を助けてもらいましょう。

カードローンは正しく便利に!使ってはいけない使い道も理解しよう!

カードローンにおけるタブー

カードローンにおいて悪い話を良く聞きますが、それは極端な例と言ってよく、ほとんどの利用者が決まりを守って返済し、適切な扱いをしています。そもそも悪い噂通りの事が多ければ、金融業界自体が破綻していたでしょう。昔と違い無理なく返せる仕組みが作られていますので、導入から恐れているのでは少々先が不安ですね。
(⇒昔のローン業界が改定されるまで

とは言え火の無いところに煙は立たないというように、使い方を誤れば自らの身を滅ぼすような、悪い噂の代表格と言える金銭的な破綻に近付くのも事実です。これは全体から見ればわずかでしかない比率なのですが、それでも噂が流れるのはひとえにあまりの失敗の内容の酷さです。普通に使っていれば考えにくいですが、時には自制の為に悪い例を見るのも必要な事です。今回はその典型例を見てみましょう。

ローンをローンで返す悪循環

まずカードローンの使い道として間違っている場合に、金銭的な破綻は発生します。カードローンの使い道は自由なのが魅力ですが、だからと言って何でもホイホイと使っていいものではありません。自由に引き出せるという事は時に「いくらでも使っていいお金」と勘違いする方を生むのです。これに関しては常に「借りているお金である」という自覚があれば大丈夫です。
(⇒カードローンの使い道は決めておこう

そして使い過ぎてしまった結果、返す事が困難な金額になりかねません。カードローンの支払い方式がリボルビング払いが多い事から全く返せないという事にはなりにくいのですが、ギャンブルなどで使い過ぎて限度額まで使い込んでしまう場合には、注意が必要です。

そして返済に充てる為に別のローンを使って…というのが、所謂典型的な金銭破綻型の例です。最近は審査も厳しくなっている為に借り入れが多い方への貸し出しはかなり制限されますが、万が一闇金などに手を出してしまえば終わりです。ローン返済のためのローンというのは絶対に避けて下さい。

危険は常に頭の隅に

ここまでの話を聞いて「何でそんな事をするか理解できない」と思えるようなら、問題は無いと言っていいでしょう。しかしギャンブルなどで破綻する方は本当に自制が出来なくてこうなってしまう事もあります。趣味にギャンブルがある方はどうぞお気を付け下さい。

カードローンだけではありませんが、お金にまつわる事は全て便利さと危険性も合わせ持っています。お金は無限では無いという事を常に心に刻み、節度を持った使用をすれば、とても便利な物になるでしょう。

違いを見分けよう!カードローンの返済方法三種類を学ぶ!

返済方法は多種多様

カードローンでお金を借り入れたら返済も同時にスタートするのですが、皆さんはどの返済方法を使っていますか?毎月ちゃんと払う事が求められるのですから、自分に合った返済方法を見つけたいですよね。
(⇒毎月の返済期日は確実に守る!

返済方法なんて返せれば同じと思っていませんか?確かに過程はどうあれちゃんと返してもらえればローン会社は文句を言いませんが、自分がお得かどうかは別問題であり、金利といった手数料を払っている以上、少しでも節約して返したいのは当然の心理のはずです。

会社毎に違いはありますが、恐らくほとんどの会社で使われている支払い方式を三つに絞って解説いたします。自分にとって使いやすくお得な物を選ぶ参考にしてみて下さい。

主な支払い方法について知る

まずは私としても一番のおすすめが銀行口座からの引き落としとなります。ローン会社側でも推奨されている事もあり、これを使っている方も多いのではないでしょうか。
(⇒カードローンで口座引き落としが勧められるわけとは

口座引き落としの最大の利点は収入や他の引き落としをまとめて一か所に管理できる事です。給与の振込先と引き落とし先を兼ねていると余計なお金の移動が減る為、手間が少なくて大変便利です。場合によっては返済用口座を作るという事も可能ですので、一番に検討してもらいたい方法です。
(⇒返済用口座開設のススメ

次に銀行振り込みですが、これはあまりオススメできません。というのも振込の際に手数料が発生する事が多く、当然手数料はこちらの負担になってしまう為、返済時に振込手数料分だけ他の支払い方法に比べて損をしている事になります。ネットバンクを使えば家に居ながら返済が可能ですが、振り込み忘れや営業時間の兼ね合いも考えれば、事情が無い限り選ばない方が無難と言わざるを得ません。

最後にATMからの返済です。これは銀行振り込みに似ていますが、こちらのATMはコンビニなどに設置されているものや各銀行に備えられた、返済専用の機器を指します。こちらの利点は手数料が発生しない事が多く、コンビニATMに対応していれば実質上24時間返済が可能となっている事です。ATMに向かう手間こそありますが、24時間対応なら自分の都合で返済もできるし、さらに手数料も取られない事が多いので、口座引き落としの次にオススメしたい方法です。特に任意返済を行うなら、こちらを利用の推奨いたします。
(⇒カードローンで任意返済を積極的に行いたい理由

時には使い分けも考える

簡単にオススメ順で並べるなら口座引き落とし、専用ATM、銀行振り込みの順になりますが、何も一つだけ使わないといけないというわけではありません。余ったお金を返済したいなら随時返済に優れたATMを利用しつつ、月々の分は引き落としにする…といった方法も検討するようにしておきましょう。

また、返済方法は途中で変更する事も出来ます。その場合には出来れば窓口で担当の方と相談し、無理の無い返済計画を一緒に考えてもらいましょう。

上限と下限から見極めよう!自分にとって本当にお得な金利を探す方法

金利で選ぶなら気を付けたい事

カードローンを選ぶ際には金利を最重要で選ぶ方も少なくありません。金利以外にも会社毎に様々な魅力がありますが、借りやすさと返しやすさに直結すると言えばやはり金利を差し置いて他はありません。
(⇒ローン会社毎の魅力で選ぶ

金利と言えば、やはり最も低い値…下限金利ばかりに目がいきがちで、ローン会社側もその安さを前面に押し出していますが、時には上限金利やその間の金利を見てから選ぶ事も必要になってきます。

どうせ長く使いたいから上限金利なんて必要無い…とは考えず、まずは自分がどれくらいの金利になるか判断するところから始めてみましょう。カードローンの金利は想像以上に奥が深いのです。

上限金利と下限金利を分けて考える

上限金利というのはその会社における最も高い状態の金利、下限金利は最も安い状態の金利です。最も安い状態の金利が当然一番の狙い目ですが、一言でそう言ってもなかなかそうはいきません。

例えば初めてカードローンを作る場合、利用実績が無い為ローン会社側では貸し出しの基準が欠けている為、若干不安になります。さらにそれでお仕事が派遣社員やアルバイトといった、正社員に比べて安定していないと思われがちなお仕事をされていたら、限度額が下がって金利も当然上がってしまいます。そうなるなら上限金利になりやすい事を見通し、上限金利が安い方に申し込む方が最初は楽になりますね。
(⇒利用実績が大事な理由
(⇒カードローンで有利な職業とは

逆に安定したお仕事で年収も十分なら、上限金利になる事はほとんど考えられません。年収に十分な余裕のある方にはたくさん借り入れてもらいたいのがローン会社側の理想ですので、十分な枠に加えて借りやすい低金利を用意してくれる事でしょう。そうなると下限金利が安いところの方があなたにとって便利になります。収入に余裕があるとついついお金に大雑把になりがちですが、金銭的余裕はいくらあっても困りません。カードローン申し込みにおいても低金利を狙いましょう。

時には間を狙う事も必要

物事を上限と下限で考えるのは楽ですが、借り入れ限度額にも段階があるように、金利も段階的に下がってきます。なので場合によっては中間の金利も参照し、あまり載せていないような情報を見てから決める事も大切となります。

金利というのはあなた次第で大きく変動します。上限にせよ下限にせよ、今の自分に一番得な物を選ぶようにして下さいね。

長くカードローンを使うには低金利が必須!下げる為の三つのポイント

金利に求めるもの

カードローンを作ったのはいいものの、自分の求めた条件とは違う…となってしまう事は誰にでもあり得ることです。そうなるとこのカードはどうすれば…と途方に暮れるのは少し早いです。

利用規約次第ですが、カードローンは作った後も金利が変更可能な場合があります。カードローンを一切使っていない場合ならともかく、ちょくちょく利用されている方なら、当然金利引き下げが欲しいですよね。

そこで金利というものをもう一度見直し、下げるにはどうすればいいか、総合的に見ていきましょう。カードローンをまだお作りになってない方も、事前知識として是非ご一読下さい。

金利を下げる為に必要な事

最初に申し上げるなら、カードローンの金利は上限額と表裏一体です。つまりは金利の見直しの際には上限額の見直しも必要となり「金利は下げたいけど限度額は別に必要無い」という場合でも、限度額も一緒に審査を受けなくてはなりません。限度額が必要無いと思っていても、少ないよりはずっと扱いやすいと思っておきましょう。

次に変更可能かどうかを知る事です。これは事前に利用規約を読めば書いてあるのですが、中には変更不能なカードローンも存在しているので、その場合はさすがに諦めざるを得ません。出来るなら申し込み前から金利の変更は可能か確認しておき、可能な物から優先して選ぶのも大切です。長く使えるカードローンほど、後々役立つ機会は増えるものなのです。

そして再審査が可能な事を確かめたら、次に自分の信頼実績について見直してみましょう。カードローンは審査の時点から信頼実績が重んじられるので、今までの使用の中でどれだけ真面目に返済しているかが主に焦点となります。他にも現在の職業や年収なども関わってくるので、不安なようなら相談窓口などに問い合わせてみるのも悪くないでしょう。その時点で確定的な事は教えてもらえずとも、申し込んだ時との違いでアドバイスなどはもらえるはずです。
(⇒カードローンに有利な職業

金利を下げるにはコツコツと

このように、金利を下げるなら長い目で見ていく事も必要とされる事の一つです。逆に言えば長期間積極的に使い、尚且つ返済に遅れも無ければ向こうから声がかかってくる事も十分考えられます。任意返済などを一気に行う事も信頼に繋がりますので、余裕があれば信頼を得る為にも支払いを進めておく事です。
(⇒任意返済の大切さ

金利が下がれば下がるほど便利になり、使いやすくなります。使い過ぎは厳禁ですが、役立つカードローンにする為にも、金利を下げられるチャンスは見逃さないようにしておきましょう。

自分に合った日を選ぼう!返済日が選べるカードローンの使い方

返済日も慎重に選びたい

カードローンには会社毎に返済日が設定されており、当たり前ですが、この返済日は厳守する事が大事であり基本です。一般的な基準としては、給料日の近くで尚且つ直後が好ましいとされています。
(⇒返済日を忘れてはいけない理由

給料日に近い方が払い忘れも無く楽ではありますが、事情があって別の日にしたい、もしくは自分で決めた日で返したい…そう思う方も少なくありません。

基本的にはローン会社側が決めた返済日に応じる事になりますが、中にはある程度こちらが自由に決めていい場合もあります。制約は当然ありますが、返済日が選べるとなると、使い勝手の幅も広がる事でしょう。

返済日を選ぶには

返済日を選べる場合、二つの方式が主となります。完全に自由というわけにはいきませんが、選べる方が自分の都合で返せるので、融通が利かせられる事も多いでしょう。

まず良くある選べる形式として、一月のうち特定の日にちの中から選ぶという物です。こちらはそんなに珍しいものでは無く、銀行や消費者金融問わず、多くのローン会社で採用されています。

最初に記述しました通り、これは七日を基準にした場合は七日、十七日、二十七日と三択うちからもっとも給料日に近いものを選ぶ事になりますが、ローン会社によってはこちらの選択を尊重してくれる場合もあります。とはいえ給料日に近い方がローン会社としても安心ですので、出来れば自分の給料日を鑑みた日取りを行いたいところです。

次の形式としては一定期間内に都合がいい日に返済する方式です。これは口座引き落としでは無く、ATMなどから返済する場合に選択できる方式です。
(⇒様々な返済方法

こちらの方の特徴は例えば三十五日以内にと期間があった場合、決まった日から三十五日以内ならいつでも返済は大丈夫という事です。そして返済を行った日からまた期間が更新されてそこからまた三十五日以内に、という具合に、期間内ならほぼ自由返済と言っていいのがこちらの方式です。

自分で払いに行く手間はありますが、自分の都合が優先できて、尚且つ自分で入れる分任意返済もまとめてしやすいのが利点です。予め日にちに検討をつけて自分の都合を合わせられる方なら非常に便利と感じるでしょう。

自由は規定内でこそ得られる

こうして返済が選べるのも、信用実績から審査に通過できたからこそです。それゆえに日にちに関わらず返済できる能力を求められているという裏返しであるのが分かります。カードローンがクレジットカードに似た信用払いのような部分があるからこそですね。
(⇒カードローンとクレジットカードの違い

その信用は基本的な規約を守っているからこそ得ています。自分が期日に返せるような日を選び、より多くの信用を勝ち取りましょう。

家計をシンプルに!返済用口座を作って事故を無くす考え方を学ぶ

あえて口座を作るというスタイル

カードローンの支払いには口座引き落としが便利です。口座に入れておくだけという事は、給与振込口座を引き落としに充てる事により、手間らしい手間無く返済を行う事が可能です。

このように返済の手間を減らすのは大事ですが、口座引き落としを行う場合、敢えて返済用の口座を作るというのも手であります。カードローンを作る場所によっては専用の口座を作らないといけないように、口座を返済用に割り当てるのは実はメリットもあるのです。

手間を増やすという事は逆行しているようにも見えますが、今回はそのメリットについて見てみましょう。

返済用口座のメリット

例えば口座を一つお持ちとして、そこに給与の振込をお願いしており、そこから光熱費といった諸雑費を全て引き落とし管理していたとします。

今まではそれで何とかなっていたけど、そこにカードローンの返済分まで加わると、どうなるでしょうか。いくら支払いが残額スライド式のリボルビング払いだとしても、他の光熱費などがかさんだ場合、引き落としが失敗してしまう事も無いとは言い切れません。

つまり、すでに口座引き落としが多い方ほど事故が起こりやすいという考え方ですね。給与振込口座でさらに貯蓄も管理しているなら余裕もありそうですが、貯金の場合は定期にしておいた方がいいという意見もあり、そうなると引き落とし特化の口座というのはシビアな計算が必要になり、その分ミスが起きやすいのです。

予め完全に計算しておいて予算を入れておくというのが一番ではありますが、毎日の生活には常に変化と予期せぬ出来事があり、言葉で言う以上に難しくなります。返済用の口座があれば最低額以上を常に入れておけばミスはありませんし、カードローン完済に重要な任意返済の際にも計算が楽になります。

口座に複数の役割を持たせるとどうしても計算が複雑になりがちですが、役目を単一化すればその分計算は楽になります。好みによって集中型と分散型に分けても良いでしょう。

使い終わった口座も無駄にはならない

無事に完済すれば口座は解約しても問題はありません…が、再び借り入れの際にはその口座が使えるし、銀行カードローンであればその銀行の口座を作っておく事は何かと便利な事もあります。カードローン自体を使わなくても銀行口座としての役割は果たせるので、解約する場合にはある程度考えてからでも遅くはありません。

口座を作るにあたってもこれだけ選択肢があるカードローンです。申し込み前には情報を整理し、口座も含めた観点で見ていけるとよりお得に扱う事ができるでしょう。

返済を楽にしよう!口座引き落としで発生するメリット!

支払方法を楽にする事のメリット

カードローンの支払い方法は様々あり、中には会社独自とも言える支払いサービスを展開している場所もあります。金利や限度額といった基本要素もそうですが、こうした独自サービスを考慮に入れるのも時には選択肢になりえます。
(⇒ローン会社はサービスも見比べて選ぶ!

ここで支払い方法を選ぶ時のポイントなのですが、手数料などがかからないという事はもとより『支払い方法はいかに楽であるか』も重要になってきます。楽というと多少不真面目に聞こえるかもしれませんが、便利であるのは大事ですよね。

支払い方法は独自の物も含めれば様々ですが、カードローンには残額スライド式リボルビング払いが採用されている事が多いと鑑みれば、やはり口座引き落としが無難と言えるでしょう。

口座引き落としで支払いを楽に

支払い方法は数あれど、恐らくどこのカードローン会社も備えているであろうこの口座引き落としですが、やはり優秀です。昔から今も使われ続けているのは、ひとえにその便利さあっての事と言えるでしょう。

使い方は基本的に支払うべき金額を指定の口座に入金しておくだけです。説明するまでもないといった内容ですが、そこが優秀なポイントです。

口座振り込みと言う形式ももちろんあるのですが、振り込みとなると期日を守って入れるというプロセスがある為、忙しかったり、考えたくない事ですが「お金が入ったけど先に無駄遣いしてしまって足りなくなった」という事故防止に繋がるのは魅力的ですね。返済を第一に考えたいカードローン向けですね。

さらに給料受取の場合も口座振り込みの方が多いと思われますが、振り込み口座をローンの引き落とし口座に設定している場合、わざわざ口座の振り替えをしなくていいのも手間を減らせるポイントです。返済口座を別に持つのもメリットはありますが、やはり返済の手間を減らすという意味ではこちらの方が優れています。

楽に支払い、楽に終わらせる

やはり楽な口座引き落としですが、銀行によっては専用の口座を作る事を指定されたり、リボルビング払いなら任意返済をしないとあまり減らないという注意点があります。早く支払いを終えるという点も考えれば手放しでいいというわけでもありませんので、あくまで手間を極力減らす支払い方法だと思っておきましょう。
(⇒任意返済の大切さ

口座引き落としが一番手間が少ないですが、人によっては他の方法の方がしっくりくる場合があります。楽に返済する事が第一なので、口座引き落としを基準に考えて選ぶのも大切です。

最悪の事態を回避しよう!返済期日に間に合わない場合の応対方法

本来であれば守らないといけない事

再三言われている通り、カードローンにおいて返済日を守るのは重要な事であり当然の事であります。お金を借りたら返す義務が発生するのは当たり前ですよね。

本当ならうっかりでは済まされない事態ではあるのですが、忙しい日々を送っていると、つい疲労も手伝って返済期日を忘れていたり、土日祝日を考慮せず入金が遅れてしまった…という事も考えられます。もちろんそうならないのが理想であり基本でもあるので、返済については期日とペースを踏まえた計画を事前に練っておくのが好ましいです。
(⇒事前に返済プランを練っておこう

それでもどうしても間に合わない、となったらしておくべき事があります。「どうせ遅れるんなら何をしても同じ…」と諦めるのは論外です。最悪のケースを回避する事もまた、カードローンを利用していく上で必要とされる事なのです。

連絡は基本であり忘れてはならない事

支払い期日に遅れるようなら、まずはローン会社に、当日前には連絡する事が肝要です。とても分かりやすいですが、これが何よりも重要となります。

だからと言って言い訳を重ねても仕方ないので、遅れる旨を伝え、そして何日後に入金可能かを明確にしてから連絡するようにしましょう。ここでも今まで支払ってきた実績が問われ、もしもこれが初めてだとしたら、こうして予め電話する事で比較的穏和に事を済ませる事ができるでしょう。
(⇒利用実績と信頼はどんな場面でも重要

但し、どれだけ信頼があっても遅延は遅延に変わりなく、今までの信頼によって電話などの受け答えが穏便になっても、信用機関には事故として記録されるし、遅延損害金もしっかりと発生します。こうなった場合はすでに遅く、最悪の場合更新されなかったり、その場で利用停止になっても文句は言えないのです。

どんな場合でも誠実に

何度も言うようですが、期日に支払えなかった時点である程度の措置が取られたとしても、こちらは何の文句も言えません。それでも誠実に申し出るという事は無意味では無く、ローン会社も人間ですので、措置が若干マシになる可能性はあるのです。記録が残ったとしても、そのローン会社における印象を和らげておく事は、今後に響く重要な要素と言えるでしょう。

当然ですが、予め期日を守り続けていれば、こうした面倒事は一切ありません。その事を踏まえ、最悪の事態にならない事を最優先で心がけて下さい。

1 2 >