窓口から借りるカードローンの便利さ

恥ずかしがる必要は無い?カードローンの疑問を窓口で解決するススメ

今のカードローンに無い姿

今現在のカードローンは基本的にプライバシーが非常に重視されています。お金を借りるという事は恥ずかしい事というのが一般的な意見で、そんな微妙な感情にも配慮しているのが今のカードローンの姿と言えます。人目につかない無人機がいい例ですね。
(⇒無人機の仕組みについて

さらには借り入れに必須とも言える本人確認の電話にも配慮がされていたりと、可能な限り人目から離れ、機械でのやり取りで借り入れ返済までサポートできる体制が整えられています。昔からの借り入れ方法である証書貸付のような対面形式は随分と少なくなったと言えるでしょう。
(⇒プライバシーが考慮された電話での在籍確認について

反面、その人とのやり取りが少なくなりすぎた事による問題もあります。無人でも完結できるように配慮はされていますが、やはり人相手の事なら人がやらないといけない部分はあります。それについて少し考えてみましょう。

窓口でしっかりと確実に

カードローンと言えど、完全に無人機からしか借りれないというわけではありません。銀行では貸付の窓口があるように、消費者金融でも無人で無い店舗があります。そしてそれらの存在意義は、ひとえに直接の相談が可能な事が大きなメリットです。

例えば支払い形式がリボルビング払いだとしたら、金利手数料などを計算するのは正直面倒ですし、大体どれくらいで終わるかというのも、自分で計算するとなるとそれなりの知識かツールが欲しいところです。それに先にシュミレーションしてみても、金利といった条件は審査が終わるまで確定しません。
(⇒カードローンのリボルビング払いのメカニズム

そうなるとやはり借り入れ時に窓口相談が出来るとなると、全然違ってきます。借り入れ金額による月々の最低返済額や金利との返済ペース、使い慣れてきたら限度額の引き上げといった事まで相談でき、先の先まで見通した条件を確認する事も容易です。これは無人機相手では出来ない事で、ネット上での操作と違ってラグの無い相談が出来るという事です。
(⇒カードローンの限度額を引き上げるには

時には恥を忍んで

お金の事を人に相談するのは恥ずかしい…とどうしても思ってしまうでしょうが、相手はそもそもお金の貸付を仕事としているのですし、当然ながらこちらを見下げる事なんてありえません。相手も仕事をしていると割り切り、ローンに関する疑問は全て解消していくつもりで臨んで下さい。

カードローンに様々な仕組みが張り巡らされても、やはり中に居るのは人です。時には直接対面し、あなたのカードローン使用を助けてもらいましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加