複数の借り入れは順番を決めて返す

複数の借り入れは順序を定める!安心してリスクを減らす返済方法とは

複数借り入れがあるなら

カードローンは基本的に複数持たず、これと決めた一枚を持つ事が好ましいです。おまとめローンという存在もあるくらいなのですから、やはり借り入れは一か所に絞って、無駄なくシンプルに返済を続けていくのが好ましいと言えるでしょう。
(⇒借り入れを一本化して返済を楽に

とは言え、場合によっては一か所からの借り入れでは足りずに、複数のカードローンを作って借り入れを増やさないといけない可能性もあります。ローンを払う為のローンというのは極めて危険ですが、何か大きな出費であるなら止むを得ない事もあります。
(⇒カードローンの返済の為にローンを増やす事の危険性

そうなると気を付けたい事は多いですが、今回は返済における優先順位について考えていきましょう。

返済には順番も考える必要がある

返済の優先順位と聞くと勘違いするかもしれませんが、返すところと返さないところにするというわけでは断じてありません。返済日を守って全て滞りなく返していく事を前提とします。
(⇒カードローンにおける返済日厳守の大切さ

ここで返済順というのは「どこから早く終わらせるべきか」という事です。基本的にカードローンは借り入れ額が大きいほど長期的な返済となり、金利が高いほど利息として払う分が増えます。この二つの共通点は「最終的に返済額が大きくなる」という事ですね。

従って、まずは借り入れ額が大きく金利が高いところの返済を最優先として、任意返済も増やして積極的に返していきましょう。ただ、ローンは完済してしまえば当然金利は発生しません。もしも終了間近のローンがあれば一括で終わらせ、これ以上の金利の発生を抑える事が肝心です。
(⇒任意返済でカードローンを素早く完済

リスクの高い順に終わらす

より簡単に一言で表すなら「自分にとってリスクが高い順に終わらせる」という事ですね。リスクというのはひとえに金利のことであり、最終的な返済額が大きくなるところから終わらせる事により、リスクは徐々に減っていくというわけです。金利が少ないところは無理に払おうとせずに、最低額を地味に返していくだけでも当面は問題無いでしょう。

複数借り入れはリスクが増えますが、それを減らしていく事を考えれば問題ありません。確実に大きな物から完済していきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加