返済期日を守れない場合の救済方法について

最悪の事態を回避しよう!返済期日に間に合わない場合の応対方法

本来であれば守らないといけない事

再三言われている通り、カードローンにおいて返済日を守るのは重要な事であり当然の事であります。お金を借りたら返す義務が発生するのは当たり前ですよね。

本当ならうっかりでは済まされない事態ではあるのですが、忙しい日々を送っていると、つい疲労も手伝って返済期日を忘れていたり、土日祝日を考慮せず入金が遅れてしまった…という事も考えられます。もちろんそうならないのが理想であり基本でもあるので、返済については期日とペースを踏まえた計画を事前に練っておくのが好ましいです。
(⇒事前に返済プランを練っておこう

それでもどうしても間に合わない、となったらしておくべき事があります。「どうせ遅れるんなら何をしても同じ…」と諦めるのは論外です。最悪のケースを回避する事もまた、カードローンを利用していく上で必要とされる事なのです。

連絡は基本であり忘れてはならない事

支払い期日に遅れるようなら、まずはローン会社に、当日前には連絡する事が肝要です。とても分かりやすいですが、これが何よりも重要となります。

だからと言って言い訳を重ねても仕方ないので、遅れる旨を伝え、そして何日後に入金可能かを明確にしてから連絡するようにしましょう。ここでも今まで支払ってきた実績が問われ、もしもこれが初めてだとしたら、こうして予め電話する事で比較的穏和に事を済ませる事ができるでしょう。
(⇒利用実績と信頼はどんな場面でも重要

但し、どれだけ信頼があっても遅延は遅延に変わりなく、今までの信頼によって電話などの受け答えが穏便になっても、信用機関には事故として記録されるし、遅延損害金もしっかりと発生します。こうなった場合はすでに遅く、最悪の場合更新されなかったり、その場で利用停止になっても文句は言えないのです。

どんな場合でも誠実に

何度も言うようですが、期日に支払えなかった時点である程度の措置が取られたとしても、こちらは何の文句も言えません。それでも誠実に申し出るという事は無意味では無く、ローン会社も人間ですので、措置が若干マシになる可能性はあるのです。記録が残ったとしても、そのローン会社における印象を和らげておく事は、今後に響く重要な要素と言えるでしょう。

当然ですが、予め期日を守り続けていれば、こうした面倒事は一切ありません。その事を踏まえ、最悪の事態にならない事を最優先で心がけて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加