上限と下限からお得な金利を選ぶ

上限と下限から見極めよう!自分にとって本当にお得な金利を探す方法

金利で選ぶなら気を付けたい事

カードローンを選ぶ際には金利を最重要で選ぶ方も少なくありません。金利以外にも会社毎に様々な魅力がありますが、借りやすさと返しやすさに直結すると言えばやはり金利を差し置いて他はありません。
(⇒ローン会社毎の魅力で選ぶ

金利と言えば、やはり最も低い値…下限金利ばかりに目がいきがちで、ローン会社側もその安さを前面に押し出していますが、時には上限金利やその間の金利を見てから選ぶ事も必要になってきます。

どうせ長く使いたいから上限金利なんて必要無い…とは考えず、まずは自分がどれくらいの金利になるか判断するところから始めてみましょう。カードローンの金利は想像以上に奥が深いのです。

上限金利と下限金利を分けて考える

上限金利というのはその会社における最も高い状態の金利、下限金利は最も安い状態の金利です。最も安い状態の金利が当然一番の狙い目ですが、一言でそう言ってもなかなかそうはいきません。

例えば初めてカードローンを作る場合、利用実績が無い為ローン会社側では貸し出しの基準が欠けている為、若干不安になります。さらにそれでお仕事が派遣社員やアルバイトといった、正社員に比べて安定していないと思われがちなお仕事をされていたら、限度額が下がって金利も当然上がってしまいます。そうなるなら上限金利になりやすい事を見通し、上限金利が安い方に申し込む方が最初は楽になりますね。
(⇒利用実績が大事な理由
(⇒カードローンで有利な職業とは

逆に安定したお仕事で年収も十分なら、上限金利になる事はほとんど考えられません。年収に十分な余裕のある方にはたくさん借り入れてもらいたいのがローン会社側の理想ですので、十分な枠に加えて借りやすい低金利を用意してくれる事でしょう。そうなると下限金利が安いところの方があなたにとって便利になります。収入に余裕があるとついついお金に大雑把になりがちですが、金銭的余裕はいくらあっても困りません。カードローン申し込みにおいても低金利を狙いましょう。

時には間を狙う事も必要

物事を上限と下限で考えるのは楽ですが、借り入れ限度額にも段階があるように、金利も段階的に下がってきます。なので場合によっては中間の金利も参照し、あまり載せていないような情報を見てから決める事も大切となります。

金利というのはあなた次第で大きく変動します。上限にせよ下限にせよ、今の自分に一番得な物を選ぶようにして下さいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加