低金利を目指す為にしておきたい事三点

長くカードローンを使うには低金利が必須!下げる為の三つのポイント

金利に求めるもの

カードローンを作ったのはいいものの、自分の求めた条件とは違う…となってしまう事は誰にでもあり得ることです。そうなるとこのカードはどうすれば…と途方に暮れるのは少し早いです。

利用規約次第ですが、カードローンは作った後も金利が変更可能な場合があります。カードローンを一切使っていない場合ならともかく、ちょくちょく利用されている方なら、当然金利引き下げが欲しいですよね。

そこで金利というものをもう一度見直し、下げるにはどうすればいいか、総合的に見ていきましょう。カードローンをまだお作りになってない方も、事前知識として是非ご一読下さい。

金利を下げる為に必要な事

最初に申し上げるなら、カードローンの金利は上限額と表裏一体です。つまりは金利の見直しの際には上限額の見直しも必要となり「金利は下げたいけど限度額は別に必要無い」という場合でも、限度額も一緒に審査を受けなくてはなりません。限度額が必要無いと思っていても、少ないよりはずっと扱いやすいと思っておきましょう。

次に変更可能かどうかを知る事です。これは事前に利用規約を読めば書いてあるのですが、中には変更不能なカードローンも存在しているので、その場合はさすがに諦めざるを得ません。出来るなら申し込み前から金利の変更は可能か確認しておき、可能な物から優先して選ぶのも大切です。長く使えるカードローンほど、後々役立つ機会は増えるものなのです。

そして再審査が可能な事を確かめたら、次に自分の信頼実績について見直してみましょう。カードローンは審査の時点から信頼実績が重んじられるので、今までの使用の中でどれだけ真面目に返済しているかが主に焦点となります。他にも現在の職業や年収なども関わってくるので、不安なようなら相談窓口などに問い合わせてみるのも悪くないでしょう。その時点で確定的な事は教えてもらえずとも、申し込んだ時との違いでアドバイスなどはもらえるはずです。
(⇒カードローンに有利な職業

金利を下げるにはコツコツと

このように、金利を下げるなら長い目で見ていく事も必要とされる事の一つです。逆に言えば長期間積極的に使い、尚且つ返済に遅れも無ければ向こうから声がかかってくる事も十分考えられます。任意返済などを一気に行う事も信頼に繋がりますので、余裕があれば信頼を得る為にも支払いを進めておく事です。
(⇒任意返済の大切さ

金利が下がれば下がるほど便利になり、使いやすくなります。使い過ぎは厳禁ですが、役立つカードローンにする為にも、金利を下げられるチャンスは見逃さないようにしておきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加