カードローンの返済方法の違いを知る

違いを見分けよう!カードローンの返済方法三種類を学ぶ!

返済方法は多種多様

カードローンでお金を借り入れたら返済も同時にスタートするのですが、皆さんはどの返済方法を使っていますか?毎月ちゃんと払う事が求められるのですから、自分に合った返済方法を見つけたいですよね。
(⇒毎月の返済期日は確実に守る!

返済方法なんて返せれば同じと思っていませんか?確かに過程はどうあれちゃんと返してもらえればローン会社は文句を言いませんが、自分がお得かどうかは別問題であり、金利といった手数料を払っている以上、少しでも節約して返したいのは当然の心理のはずです。

会社毎に違いはありますが、恐らくほとんどの会社で使われている支払い方式を三つに絞って解説いたします。自分にとって使いやすくお得な物を選ぶ参考にしてみて下さい。

主な支払い方法について知る

まずは私としても一番のおすすめが銀行口座からの引き落としとなります。ローン会社側でも推奨されている事もあり、これを使っている方も多いのではないでしょうか。
(⇒カードローンで口座引き落としが勧められるわけとは

口座引き落としの最大の利点は収入や他の引き落としをまとめて一か所に管理できる事です。給与の振込先と引き落とし先を兼ねていると余計なお金の移動が減る為、手間が少なくて大変便利です。場合によっては返済用口座を作るという事も可能ですので、一番に検討してもらいたい方法です。
(⇒返済用口座開設のススメ

次に銀行振り込みですが、これはあまりオススメできません。というのも振込の際に手数料が発生する事が多く、当然手数料はこちらの負担になってしまう為、返済時に振込手数料分だけ他の支払い方法に比べて損をしている事になります。ネットバンクを使えば家に居ながら返済が可能ですが、振り込み忘れや営業時間の兼ね合いも考えれば、事情が無い限り選ばない方が無難と言わざるを得ません。

最後にATMからの返済です。これは銀行振り込みに似ていますが、こちらのATMはコンビニなどに設置されているものや各銀行に備えられた、返済専用の機器を指します。こちらの利点は手数料が発生しない事が多く、コンビニATMに対応していれば実質上24時間返済が可能となっている事です。ATMに向かう手間こそありますが、24時間対応なら自分の都合で返済もできるし、さらに手数料も取られない事が多いので、口座引き落としの次にオススメしたい方法です。特に任意返済を行うなら、こちらを利用の推奨いたします。
(⇒カードローンで任意返済を積極的に行いたい理由

時には使い分けも考える

簡単にオススメ順で並べるなら口座引き落とし、専用ATM、銀行振り込みの順になりますが、何も一つだけ使わないといけないというわけではありません。余ったお金を返済したいなら随時返済に優れたATMを利用しつつ、月々の分は引き落としにする…といった方法も検討するようにしておきましょう。

また、返済方法は途中で変更する事も出来ます。その場合には出来れば窓口で担当の方と相談し、無理の無い返済計画を一緒に考えてもらいましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加