カードローンの返済を最優先すべき理由

返済の基本を学ぶ!返す事を最優先すべきそのスタイルを身に付ける

カードローン返済の基礎

カードローンを借りる前に考えておきたい事は何ですか?使い道もそうですが、私としてはやはり借りているお金である以上、完済までのプランやペースを考えてもらいたいところです。
(⇒便利なカードローンの使い道を考える

いきなり返済の事を考えたら借りる前から気が重い…と思われるかもしれませんが、使う事よりも返す事に重きを置いておかないと、カードローンの無駄遣いで自分の身を滅ぼす事になりかねません。返済が遅れる事によるデメリットは非常に多い為、返せるあての無いままくらいなら借りない方が健全であるとも言えるでしょう。
(⇒カードローンをきちんと返したい理由

そこで今回は返済の基礎についてまずは知り、具体的にどんな返済をしていけばいいか、イメージできるようにしておきましょう。

早く返すのが最大のお得

まず基本的にカードローンの返済は月々決まった最低額を払っていくリボルビング形式が大半です。つまりこちらからアクションを起こさない限り、その最低金額だけを用意しておけばいいという事ですね。
(⇒カードローンで使われているリボルビング払いについて

但し、この支払いだと利息から引かれていく為、支払いは長くなりがちです。そこでカードローンにおいては任意返済を行うのが大事です。余裕がある時に少しでも多めに返す事で、利息も含めた支払いが素早く終了する事でしょう。

また、ここで心がけて欲しいのが「月々の最低金額+毎月余裕のあるお金」で払っていく事を習慣付ける事です。はっきり言ってリボルビング払いの最低金額はかなり余裕のある金額である分、利息の返済すらまともに出来ない事があります。そうなると最低額の支払いが慢性化していると利息により想像以上に支払いが遅れるのです。

そこで予め余裕のある分を算出しておき、それを毎月の支払いに追加して計算しておくのです。先に用意しておけば忘れにくいですし、最初から算段しておけば返済プランの相談をした際にスムーズに事が運べる事でしょう。

余裕がある分は全て返済くらいでもいい

プラスした分にさらに上乗せできるようになれば支払いはより早く、お得に終わります。そこまで支払いに寄せすぎると困る…という場合には無理をしない方がいいですが、素早く返済する事は最終的には自分のためになります。削れる部分を削る習慣は実生活において役立つ部分も多いので、是非心がけてみて下さい。

カードローンはマイペースに返せるのが魅力です。きつい時は最低額でもいいですが、可能な限りそのペースを速め、終わらせる事を目指しましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加