リボルビング払いを賢く扱う方法まとめ

楽に、そして素早く返済!リボルビング払いの扱いの極意を知る!

カードローン返済の基本方式

カードローンの返済方法というのは、一昔前の借り入れを行っていた方からすると、少々特殊とも言えます。その名前も含めて、初めはどういう形式か理解するのに時間がかかるかもしれません。

カードローンにおいて最も多い方式は残額スライド式のリボルビング払いと呼ばれているものです。カードローンに申し込んで間もない方もほとんどはデフォルトでこの設定になっているだけあり、月々の負担などで見れば非常に手軽で安心な内容です。

しかし最初に申しました通り、今までローン関連の経験が無ければ専門用語とも言える支払い方式は理解できません。なので今回は最も基本と言えるこのリボルビング払い方式につきまして解説いたします。

リボルビング払いの利点と欠点

まず残額スライド式のリボルビング払いの基本についてですが『借り入れ残高に応じて変わる最低金額以上を払い続ける』という方式であると覚えておけばいいでしょう。例えば借り入れ残高が五万円として最低返済額が三千円と設定されていた場合、一か月に三千円以上払っていれば大丈夫という事です。

借り入れ額が大きければ最低額も上がりますが、上記の例でもお分かりの通り、負担にならない金額で返済していけるのが魅力で、十万の枠で五万借りていて返済中だとしても、残り五万の枠から借り入れが出来る、つまりは枠内での出し入れはほとんど自由に行える事が利点です。

収入が安定しないから今月は最低金額のみ、来月は余裕があるから随時返済するといった返済から返済途中だけどまた急なお金が必要になったから借り入れないといけない場合でも対応可能なのは非常に魅力的で、この多様な使い道がカードローンを今現在のローンの主流に至らしめていると言っていいでしょう。

反面で欠点もあります。まずリボルビング払いで返済した場合、返済分の中から先に利息にあてられ、残りが残高となります。従って金利が高く返済最低額が低い場合は「確認したけど全く減っていなかった」という事にもなりかねません。

さらに残額スライド式だと残高が減るたび返済最低額が減る為、初めのうちは順調に返していたけど、最低額が下がってゆっくり返済してたら終わらなくなった…という事例もあります。共通して言える事はカードローンはいかにして任意返済を行えるかであり、余裕がある時に返済する、また、初めから最低金額以上で払うプランを自分で考えておく事により短い期間で終わらせられるようにしておくなど、計画的に使う事が大事です。(⇒返済第一で考える重要性

きつい時には無理せず、余裕のある時にはしっかり

リボルビング払いは無理の無い返済の為に作られたシステムで楽な反面、金利を考えないと一気に長期化する恐れもある、ある意味では扱いの難しいシステムです。余裕がある時は最優先で返済し、無理な時だけ最低額だけにしておくなど、柔軟な対応をする事で一気に便利に変わります。

早く返すのが一番なのは支払い方式に関わらずローンの鉄則です。逐一残高を確認し、一刻も早く終わらせて、金利の節約をしましょう!

このエントリーをはてなブックマークに追加