利用規約をしっかり読んでもらいたい理由

金利選びは最初も肝心!利用規約に隠された選ぶ基準を見直す

カードローンは慎重に

カードローンをお作りになられる方にはやはり急いで借り入れが必要な方もおられるでしょう。迅速な借り入れも可能なのがカードローンであり、実際速さを求めてカードローンを選ばれた方も少なくないでしょう。
(⇒即日融資も可能なカードローンを選ぶ

ですが、もしもお急ぎで無くていざという時の為に…と思ってカードローンをお作りになられる場合、慎重にカードローンの利用規約を読んでいただいて、それに納得してから審査を受けてもらいたいところです。

何故そう言うかと申しますと、大前提としてカードローンを申し込むという事は「利用規約を読んで同意した」と見なされており、利用規約を読んでいない、或いは流し読みしたとしても読んだものとして扱われているのです。つまり、知らなかったとして規約を破ってしまっても、悪いのは当然こちらになるのです。

そして、今回良く読んでもらいたいという理由として、カードローンの中でも重要視されやすい金利が大きく関係しているのです。

可能な限り変更可能な金利が望ましい

まず金利というのは審査が仮審査が通って本審査で決められる事が多いです。そして本審査で金利が決定するという事は審査通過として、間もなくカードが発行されるという事です。
(⇒仮審査と本審査の違い

そして金利というのは一度決まってしまえば、変えるにはある程度の利用実績と期間が必要となります。利用実績も期間も当然時間が必要なもので、尚且つ金利を下げられるというのは長くカードローンと付き合っていくにあたり、非常に重要ですよね。
(⇒カードローンの審査は利用実績が大事

しかし会社によってはこの金利が固定制な物もあり、そうなると最初の審査以外にチャンスは存在しないという事になります。

となると金利以外は満足していたとして今後長く付き合っていきたいとしても、金利が一切変わらないという事はそのままの金利で我慢するか別のカードを作らないといけないという事であり、常に双方にデメリットが発生した状態になってしまうのです。

長く付き合える物を最終的に選ぶ

もしも金利が変更できないとしても「その場しのぎだし、これで実績を積んでより良いカードを狙う」という事情があるならまだしも、そうでないならやはり長く付き合えるカードを選ぶに越した事はありません。利用規約は自分ではどうしようも無いので、まさに最初が肝心と言えるでしょう。
(⇒今のカードを解約してより良いカードローンを作る

利用規約は正直に言えば項目が多い上に読みにくい文書がほとんどですが、知っておくべき事はたくさん詰まっています。かならず申し込み前には目を通しておき、控えもしっかりと取っておきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加