引き落としミス防止にお知らせメールを設定

引き落とし口座は常に確認!うっかり防止する確認メールを設定しよう

引き落としは常に確認

カードローンの管理において注意したい事の一つに、今現在の自分の残高の確認があります。これは特にカードローンの返済を口座引き落としで行っている方には非常に重要な注意点となります。

返済を口座引き落としにしている場合、例え一円でも足りないと引き落としが実行できない為、結果として遅延扱いになってしまいます。カードローンの支払期日を遅らせた場合のデメリットは非常に大きく、カードローンは返済日の厳守が大切です。

とは言え、口座引き落としで複数の支払いを管理している場合、他の出費がかさめばギリギリの予算だった場合、どこかに綻びが出てくる可能性は捨てきれません。そうならないように多めに入れておきたいところですが、他の防止策は無いのか、考えてみました。

お知らせメールで確認の癖をつける

そこで見つけたのがカードローンを使うのに色々便利なネットバンキングの機能です。ネットバンキングには複数の便利な機能がありますが、引き落としのミスを防ぐ機能の一環もここにあったのです。

ネットバンキングを経営している会社によってはお知らせメールという機能があります。このお知らせメールというのは口座に振り込みや入金などがあった場合、リアルタイムでお知らせのメールが、指定されたメールアドレスにまで送信されるというものです。基本的には不正利用を早急に発見する為に役立ちますが、それだけではありません。

引き落としが発生した場合にも、このお知らせメールは届くのです。これがどういう風にうっかり防止に役立つかといいますと、このメールが届いた時に「残高はあとどれくらいかな?」と疑問を持って調べる事により、どれくらいの引き落としがあって残りの引き落としには足りるかどうか、というのを確認する癖が付きます。

どんな事でも確認する癖というのはカードローンを使っていく上で大切で、お金を扱う以上はこのこまめさが大事であると言えます。引き落とし日から返済額や残高の確認など、見ておくべき点はたくさんあります。

確認は多少し過ぎるくらいでもOK

自分の口座の残高というのは生活費を始めとして、返済などの引き落としも行っている、言わばあなたのお金のライフラインです。そうなれば確認するのは当然であり、常に必要以上である蓄えが求められます。神経質なのは直した方がいいかもしれませんが、確認をマメにする事は大雑把になるよりは随分とマシである事は理解しておきましょう。

お知らせメールは当然携帯電話のメールアドレスでも受信できるので、どこにいても把握できるのが利点です。メインバンクにネットバンキングを使っているなら、必ず登録しておきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加