紙面とネットの申し込み併用の確認をしよう

紙面からで本当にいいの?インターネット申し込みの存在も確認しよう

申し込む前にしておきたい事

カードローンの申し込みのきっかけは、それこそ街中にはいくらでもあると言っていいでしょう。銀行であればパンフレット置き場に申し込み用紙が挟まれ、ある程度開けた街なら消費者金融の無人店舗なども散見されます。
(⇒無人機とは何か

そして申し込もうと思ったらそれらの用紙を持って帰り、記入し、投函して…と言うのは紙面を用いた場合ですね。紙の申し込み用紙をもらって帰ったのだからそれでいいのでは?と思うのも最もですが、少し待ってもらいたいところがあります。

実は申し込み用紙が紙と言っても、それだけが申し込みの方法では無い場合があります。用紙を良く見てみる、或いはその金融機関のホームページに行く事で、別の方法が存在している事があるのです。

併用形式なら便利な方を選ぶ

その申し込みが実はインターネットから可能な事もあるのはご存知ですか?金融業界はインターネットを通じた宣伝に加えて申し込みから管理まで、積極的に取り入れているのが現状です。むしろ大手であればインターネットに全く対応していないという事の方が考えにくいでしょう。
(⇒インターネットを駆使するローン業界

その場合、インターネットの方が便利である事が多いのです。例えば書類に記入する際も紙面なら間違ってしまったまま送れば不備になる事もあるし、字の上手い下手で印象が変わってしまうのも事実です。反面インターネットでの申し込みフォームの記入であれば、間違いがあれば簡単に直せますし、記入漏れがあれば警告も出るので、その時点でかなり利便性が違いますね。

また、紙に比べて審査までが早いのも特徴です。紙だとどうしてもデータの照会や移し替えで時間がかかるのですが、インターネットからなら素早く照会に加えて移し替えの手間も省けるので、最大で倍程度変わる事もあるのです。さすがに倍ともなれば、その違いについて考えてしまいますよね。

紙を使うというのも手

とは言え、インターネットから申し込むにはそれなりの環境が必要です。特にご年配の方であればパソコンの操作に難儀してしまう事もあり、カードローンの申し込みにはまだまだ紙面媒体も必要とされているのも事実です。ネット環境があったとしても紙面の方がいいという方もいらっしゃいますし、使いたいからという理由で紙面を使うのも悪いわけではありません。

それこそ急ぎで無ければ大きな差は生まれないとも言えます。自分が安心して使える方を使うのもまた、必要な事でしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加